どのような販促品を作れば喜ばれるか

販促品を自分の会社で活用していますか。販促品のもっている宣伝効果は、予想以上に大きいです。活用することで、売りたい商品をアピールすることができたり、企業について多くの人に知ってもらったりすることができます。しかし、どんな販促品でも効果が得られるというわけではありません。販促品を活用する場所に訪れる利用者の年齢層や、来場の手段によって販促品を変えた方がいいこともあります。そのため、販促品を何にするかということは、とても重要なポイントになります。大きすぎて鞄に入らないような販促品では、利用者の目線で選んでいるとは思えず、適当ではありません。利用者に喜ばれる販促品を選ぶことで、予想よりも大きな販促効果を得ることができます。何気なく手に取るような機会が多いものを販促品にすることで、集客力もアップし、企業の知名度も上がるのでお勧めです。

全員に販促品を配布することで集客率を上げる

販促品の最も効果的な活用の仕方の一つ「来場者全員に500円分の商品券をプレゼント」とか「アンケートにご回答いただいた方全員に粗品をプレゼント」などのように全員にプレゼントするという方法があります。販促品は、集客効果を上げるための販売促進活動の手段として活用することが多いですが、全員に販促品を配布することで、サービス向上の参考にもなるのでお勧めです。ここで一番重要になってくるのは、「全員にプレゼント」するというところです。 抽選で一部の人にしか当たらないという方法だと、販促品が当たる期待値が下がるため、アンケートの回収率が低下してしまいます。同時に、アンケート調査で回収率が低くなってしまうと結果に偏りがでてしまうことも多く、正しい結果が得られないばかりかせっかく準備した販促品の意味がありません。

販促品の選択肢を広げると効果がアップすることがあります

また、販促品に選択肢を設けることで、集客効果や宣伝効果が格段にアップするものもありお勧めです。一部の年代がターゲットになっている場合はそれほど気にする必要はないのですが、幅広い年代がターゲットになっている場合は、さまざまな年齢層の意見を聞き取る必要があります。このような時に効果的なのは、「20代から30代」「40代から50代」「50代から60代」などのように年代ごとに分けて各年代向けにいくつかのプレゼントを用意して、希望する品物を選んでもらう方法です。また、男性と女性で性別分けをあらかじめ行っておいて、趣向の異なったプレゼントを用意し、品物を選んでもらうのも効果的です。プレゼントの選択肢が増えることによって、アンケート調査に対する記入率がグッとアップするのです。